コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 救急 > 応急手当の基礎知識

応急手当の基礎知識

応急手当と救命処置

 私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるかわかりません。そんなときに、家庭や職場でできる手当のことを「応急手当」といいます。病院に行くまでに応急手当をすることで、けがや病気の悪化を防ぐことができます。けがや病気の中でも最も重篤(じゅうとく)で緊急を要するものは、心臓や呼吸が止まってしまった場合です。急性心筋梗塞(しんきんこうそく)(心臓の病気)や脳卒中(脳の病気)などは、何の前触れもなく起こることがあり、心臓と呼吸が突然止まってしまう原因となります。プールで溺れたり、のどに餅を詰まらせたり、あるいは、けがで大出血したときも、何もしなければやがては心臓と呼吸が止まってしまいます。ついさっきまで元気にしていたのに、突然、心臓と呼吸が止まってしまった…。こんな人の命を救うために、そばに居合わせた人(住民)ができる応急手当のことを「救命処置」といいます。
 傷病者の命を救い、社会復帰に導くために必要となる一連の行いを「救命の連鎖」といいます。「救命の連鎖」は、[心停止の予防] [心停止の早期認識と通報] [一次救命処置(心肺蘇生(しんぱいそせい)とAED)] [二次救命処置と心拍再開後の集中治療]の四つの輪で成り立っており、この四つの輪が途切れることなくすばやくつながることで救命効果が高まります。     

   「救命の連鎖」の最初の三つの輪は、その場に居合わせた人(住民)により行われることが期待されます。住民により心肺蘇生(しんぱいそせい)が行われたほうが、行われなかったときより生存率が高く、住民がAED(自動体外式除細動器)を使用し電気ショックを行ったほうが、生存率や社会復帰率が高いことがわかっています。

救命の連鎖

 

このページに関するお問い合わせ先

部署名:救急課
電話番号:救急係 048-460-0124  救急指導係 048-478-0899