コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 救急 > 心肺蘇生法の手順

心肺蘇生法の手順

新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた心肺蘇生法

 心肺蘇生法は、エアロゾル(ウイルスなどを含む微粒子が浮遊した空気)を発生させる可能性があるため、新型コロナウイルス感染症が流行している状況においては、すべての心停止傷病者に感染の疑いがあるものとして対応してください。

 〈下記の心肺蘇生法を実施する際の注意事項〉

「反応を確認」、「呼吸の観察」の注意事項

 傷病者の顔と救助者の顔が近づかないようにしてください。

「胸骨圧迫」の注意事項

 エアロゾル飛散防止のため、胸骨圧迫を開始する前に、ハンカチやタオルなどがあれば傷病者の鼻と口にそれをかぶせるようにしてください。

「人工呼吸」の注意事項

 成人に対しては、救命講習を受けて人工呼吸ができ、人工呼吸を行う意思がある場合でも、人工呼吸は実施せずに胸骨圧迫だけをするようにしてください。
 子供に対しては、救命講習を受けて人工呼吸ができ、人工呼吸を行う意思がある場合は、胸骨圧迫に人工呼吸を組み合わせて実施してください。
 その際、手元に人工呼吸用の感染防護具があれば使用してください。

「心肺蘇生法の継続」の注意事項

 傷病者を救急隊へ引き継いだあとは、速やかに石鹸と流水で手と顔を十分に洗ってください。
 傷病者の鼻と口にかぶせたハンカチやタオルなどは、直接触れないようにして破棄してください。

心肺蘇生法の流れ【心肺蘇生とAEDの使用】

1 安全の確認

 誰かが突然倒れるところを目撃したり、倒れているところを発見した場合には、近寄る前に周囲の安全を確認します。車が通る道路などに人が倒れている場合などは、特に気を付けます。状況に合わせて自分の安全を確保してから近づきます。場合によっては消防や警察の到着を待ったほうが良いこともあります。

2 反応を確認

 傷病者の肩をやさしくたたきながら「大丈夫ですか」などと大きな声で呼びかけ、反応を確認します。

3 助けを呼ぶ

 反応がなければ、大きな声で助けを求め「119番通報」と「AEDの手配」を頼みます。近くに誰もいない時は、まず自分で119番通報してください。

4 呼吸の確認

 10秒以内で胸と腹部の動きがないか、普段どおりの胸と腹部の動きがない場合、死戦期呼吸と判断し、心停止とみなし直ちに胸骨圧迫を開始します。

 ※死戦期呼吸とは・・心停止直後には、しゃくりあげるような呼吸が不規則に起こることがあります。この呼吸を死戦期呼吸といい、正常な呼吸(普段どおりの呼吸)ではありません。

5 胸骨圧迫

 胸骨の下半分(胸の真ん中)に両手を重ね、傷病者の胸が約5cm沈み込むまでしっかり圧迫します。テンポは1分間に100~120回のテンポで、30回連続して「強く」「速く」「絶え間なく」圧迫します。

6 人工呼吸

 気道を確保したまま傷病者の鼻をつまみ、大きな口を開けて傷病者の口を覆い密着させ、1秒かけて吹き込み傷病者の胸がかるく上がるのを確認します。

 ※注意 人工呼吸は2回までとし、できない場合やためらわれる場合は、胸骨圧迫のみ実施する。

7 心肺蘇生法の継続

 傷病者が動き出す、うめき声を出す、あるいは普段のどおりの呼吸が確実に認められる場合、または救急隊へ引き継ぐまでは心肺蘇生法とAED使用の手順を繰り返してください。

救命処置の流れ

年齢区分による心肺蘇生法

 成人

  • 心肺蘇生法における胸骨圧迫は30回、人工呼吸は2回実施する。
  • 気道確保については、頭部後屈あご先挙上を実施する。

人工呼吸

  • 送気方法は口対口とする。
  • 送気量は胸が軽く上がる程度とする。
  • 送気時間は約1秒とする。
  • 送気回数は2回とする。

胸骨圧迫

  • 圧迫位置は胸の左右真ん中にある胸骨の下半分とする。
  • 圧迫方法は両手とする。
  • 圧迫の強さは5センチメートルから6センチメートル垂直に沈むまでとする。
  • テンポは1分間に100回から120回とする。

AED

  • 対象年齢について、小学生以上は成人として扱う。
  • 電極パッドの装着はAEDが到着次第実施する。
  • 使用電極パッドは成人用を使用する。
  • 電気ショック後は、直ちに胸骨圧迫を開始しAEDの音声メッセージに従う。

気道異物

  • 初期対応として自分自身で咳をさせる。
  • 初期対応を実施しても困難な場合で、反応や意識のある場合は腹部突き上げ法や、背部叩打法を実施する。
  • 反応や意識がない場合は心肺蘇生法を実施する。

 小児

  • 心肺蘇生法における胸骨圧迫は30回、人工呼吸は2回実施する。
  • 気道確保については、頭部後屈あご先挙上を実施する。

人工呼吸

  • 送気方法は口対口とする。
  • 送気量は胸が軽く上がる程度とする。
  • 送気時間は約1秒とする。
  • 送気回数は2回とする。

胸骨圧迫

  • 圧迫位置は胸の左右真ん中にある胸骨の下半分とする。
  • 圧迫方法は片手または両手とする。
  • 圧迫の強さは胸の厚さ約3分の1が垂直に沈むまでとする。
  • テンポは1分間に100回から120回とする。     

AED

  • 対象年齢について、未就学児も適応である。
  • 電極パッドの装着はAEDが到着次第実施する。
  • 使用電極パッドについては、小学生以上は成人用を使用、未就学児は小児用を使用する。この場合、小児用モードに切り替える機種があるので注意する。
  • 電気ショック後は、直ちに胸骨圧迫を開始しAEDの音声メッセージに従う。

気道異物

  • 初期対応として、自分自身で咳をさせる。
  • 初期対応を実施しても困難な場合で、反応や意識のある場合は腹部突き上げ法や、背部叩打法を実施する。
  • 反応や意識がない場合は心肺蘇生法を実施する。

乳児

  • 心肺蘇生法における胸骨圧迫は30回、人工呼吸は2回実施する。
  • 気道確保については、頭部後屈あご先挙上を実施する。
  • この場合、極端な頭部後屈は空気の通り道を塞ぐ可能性があるので気をつける。

人工呼吸

  • 送気方法は口対鼻口とする。
  • 送気量は胸が軽く上がる程度とする。
  • 送気時間は約1秒とする。
  • 送気回数は2回とする。

胸骨圧迫

  • 圧迫位置は両方の乳頭を結ぶ線の少し足側を目安とした胸骨下半分とする。
  • 圧迫方法は中指と薬指2本とする。
  • 圧迫の強さは胸の厚さ約3分の1が垂直に沈むまでとする。
  • テンポは1分間に100回から120回とする。

AED

  • 対象年齢である。
  • 電極パッドの装着はAEDが到着次第実施する。
  • 使用電極パッドは小児用を使用するが、小児用モードに切り替える機種があるので注意する。
  • 電気ショック後は、直ちに胸骨圧迫を開始しAEDの音声メッセージに従う。

気道異物

  • 反応や意識のある場合は腹部突き上げ法や背部叩打法を実施する。
  • 反応や意識のない場合は心肺蘇生法を実施する。

このページに関するお問い合わせ先

部署名:救急課
電話番号:救急係 048-460-0124  救急指導係 048-478-0899