コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 火災予防 > 予防課からのお知らせ > 住宅用火災警報器 > 住宅用火災警報器の設置について

住宅用火災警報器の設置について

住宅火災による死者を減らすことを目的として、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務づけられました。

ご注意

消防職員が火災警報器を訪問販売することはありません!
(消防署では販売及び取付けはしておりません。)

住宅用火災警報器ってなに?

現在市販されている火災警報機は、大きく分けると「煙」に反応するタイプ(煙式)と「熱」に反応する(熱式)の2種類があります。

また、煙式には光電式とイオン式があります。設置される場合は、煙式(光電式)のもの(台所のコンロ付近は熱式のもの)がよいでしょう。

  • 煙式

  • 熱式

設置期間

新築住宅は、平成18年6月1日から義務付けられています。既存の住宅は、2年間の猶予期間を設け、平成20年5月31日までが設置期限となっていました。

注記:一定規模以上のマンション・アパート等で、すでに消防法の規定により、自動火災報知設備等が設置されている住宅は除きます。

維持管理について

住宅用火災警報器は、家電製品と同じで故障したり、機器には寿命もあります。万が一、火災が起きた時にきちんと警報されるよう、次のことに注意してお手入れすることをお勧めします。

乾電池タイプは電池交換が必要です。

点検の時に「電池切れかな?」と思ったら、早めに交換することをお勧めします。

また、電池が切れそうになったら音やランプで交換時期を知らせてくれます。

おおむね10年をめどに、機器の交換が必要です。

機器の交換は、機器に交換時期を明記したシールが貼ってあるか、「ピー」という音などで交換時期を知らせます。

そのめどはおおむね10年です。詳しくは、購入時の取扱い説明書を確認してください。

定期的に作動確認しましょう。

定期的に住宅用火災警報器が鳴動するか確認しましょう。

点検方法は、本体のひもを引くものや、ボタンを押して点検できるものなど、機種によって異なりますので、購入時に点検方法を確認しましょう。

設置場所

  1. 就寝に使う部屋(家族が就寝に使う部屋のことで、来客の就寝用の部屋を除く。)
  2. 就寝に使う部屋がある階(注記:避難階を除く)から、下の階に通ずる階段の踊り場の天井
  3. 就寝に使う部屋が3階以上にある場合、住宅用火災警報器を取り付けた階から2階分下の階の階段
  4. 就寝に使う部屋が避難階のみにあり、避難階から2以上うえの階に居室がある場合の最上階から下層に通じる階段の上端部

前記の1から4までに該当しない階で、7平方メートル(およそ4畳半)以上の居室が5部屋以上ある階の廊下部分(廊下がない場合は階段。)

注記:避難階・・階段等を使わず直接地上に出られる階

どこに取り付ければいいの?

下記をクリックすると拡大します

家のどこに取り付ければいいの?

住宅防火情報

住宅火災による死者を低減し、一層の住宅防火対策の推進を図るため、全国の消防本部等から提供のあった住宅用火災警報器の奏功事例(住宅用火災警報器等の設置により初期消火の成功や死者発生を防いだ実例)等の情報を、「住宅防火情報」として掲載しております。(総務省消防庁のサイトへリンクします)

「住宅防火情報」(外部サイトにリンクします。)

問合せ先

一般財団法人日本消防設備安全センター内
住宅用火災警報器相談室
電話番号:0120-565-911

このページに関するお問い合わせ先

部署名:消防本部 予防課
電話番号:048-460-0121