コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 火災予防 > 予防課からのお知らせ > 「多数の者の集合する催し」について

「多数の者の集合する催し」について

対象火気器具等を多数の者の集合する催しにおいて使用する場合には、消火器の準備

対象火気器具等を祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して使用する場合には、消火器の準備が必要となりました。

「対象火気器具等」とは

液体・個体・気体燃料を使用する器具や電気を熱源とする器具などで、火を使用する器具又はその使用に際し、火災の発生の恐れがある次の器具のことをいいます。

  • 液体燃料を使用する器具(自家発電機・石油ストーブなど)
  • 固体燃料を使用する器具(薪ストーブ・かまどなど)
  • 気体燃料を使用する器具(ガスコンロ・ガスストーブなど)
  • 電気を熱源とする器具(電気コンロ・電気ストーブなど)
  • ガスコンロ

  • 大型鉄板ガス式

  • 石油ストーブ

「多数の者の集合する催し」とは

一時的に一定の場所に人が集合することにより混雑が生じ、火災が発生した場合の危険性が高まる催しで、一定の社会的広がりを有するものをいいます。近親者によるバーベキュー、幼稚園で父母が主催する餅つき大会のように相互に面識がある者が参加するなど、集合する者の範囲が個人的つながりに留まる場合は対象外です。

対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合の届出

祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際し、対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合は、事前に管轄消防署へ「露店等の開設届出書」を提出してください。

露店等の開設届出書Wordファイル(DOCX:21.0KB)

指定催しの防火管理等

消防長は、祭礼、縁日、花火大会その他の多数の者の集合する屋外での催しのうち、大規模なものとして消防長が定める要件(大規模な催しが開催可能な公園、河川敷、道路その他の場所を会場として開催する催しで、一日当たりの人出予想が10万人以上のもの、かつ、主催する者が出店を認める露店等の数が、100店舗を超える規模の催しとして計画されているもの。)に該当するもので、火災が発生した場合に人命又は財産に特に重大な被害を与えるおそれがあると認めるものを「指定催し」として指定します。

なお、催しを指定するときには、あらかじめ催しを主催する者の意見を聴き、指定した際には、催しを主催する者に通知するとともに、消防本部のホームページでお知らせします。「指定催し」を主催する者には、次の3点が義務付けられます。

  1. 「防火担当者」を定めること。
  2. 「防火担当者」として選任された者に、「火災予防上必要な業務に関する計画」を作成させるとともに、当該計画に従って、火災予防上必要な業務を行わせること。
  3. 指定催しを開催する14日前までに「火災予防上必要な業務に関する計画書」を管轄消防署へ提出すること。

火災予防上必要な業務に関する計画書Wordファイル(DOCX:18.2KB)

罰則

「指定催し」を主催する者に対して、火災予防上必要な業務に関する計画を管轄消防署へ提出しなかった場合は、当該「指定催し」を主催する者等に対し、30万円以下の罰金を科すこととしました。

ガソリン携行缶の取扱いに注意しましょう

平成25年8月15日京都府福知山市の花火大会会場において、ガソリンが起因する火災により死者3名を含む多くの負傷者が発生しました。揮発しやすいガソリンの貯蔵・取扱いについては、細心の注意が必要であり、同様の事故を防止するためにガソリン携行缶を取扱う場合は、正しい知識とリーフレットの内容に注意していただくようお願いします。

ガソリン5つ.jpg

ガソリン携行缶5つのポイント(PDF:1218.1KB)

お問合せ

朝霞地区一部事務組合埼玉県南西部消防本部 予防課 電話番号:048-460-0121

申請についてのお問合せ(管轄する消防署)

  • 朝霞消防署 消防課予防係 電話番号:048-463-1190
  • 志木消防署 消防課予防係 電話番号:048-472-0812
  • 和光消防署 消防課予防係 電話番号:048-461-7850
  • 新座消防署 消防課予防係 電話番号:048-478-1311

このページに関するお問い合わせ先

部署名:消防本部 予防課
電話番号:048-460-0121