コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 火災予防 > 予防課からのお知らせ > 「感震ブレーカー」を設置しましょう

「感震ブレーカー」を設置しましょう

「感震ブレーカー」の設置を推奨します 

 過去の地震で発生した火災の多くは、地震の揺れに伴う電熱器具等からの出火や停電復旧時に断線した電気コード等からの出火といった電気が関係する火災によるものです。このような火災を防ぐには「感震ブレーカー」の設置が効果的です。
 当消防本部では、地震に伴う火災から家庭や地域を守るために「 感震ブレーカー」の設置を推奨しています。

 「感震ブレーカー」とは

 感震ブレーカーは、地震発生時に設定値以上の揺れを感知するとブレーカーやコンセントなどの電気を自動的に止める器具です。不在時や避難時にブレーカーを切ることができない場合に、電気に起因する火災を防止する有効な手段となります。
 感震ブレーカーには、分電盤タイプ、コンセントタイプ、簡易タイプなどいくつかの種類があります。

 設置にあたっての注意事項

 分電盤タイプなどのように、地震発生時に家庭内の全ての電気を遮断するものについては、医療機器等への影響が考えられるため、設置にあたっては注意が必要です。また、夜間に地震が発生した場合に照明が消えることで、避難の妨げになることも考えられるため、非常灯を準備しましょう。
 購入、設置にあたっては、お住まいの環境に適したものをお選びください。分電盤タイプなどの工事が必要なものについては、電気工事店等にご相談ください。

 参考リーフレット

感震ブレーカー(消防庁)_表.jpg感震ブレーカー(消防庁)_裏.jpg

地震による電気火災対策を! (PDF:461.2KB)

感震ブレーカー(経産省)_表.jpg感震ブレーカー(経産省)_裏.jpg

感震ブレーカーをつけましょう (PDF:186.9KB)

このページに関するお問い合わせ先

部署名:消防本部 予防課
電話番号:048-460-0121