コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 火災予防 > 住宅火災の予防 > スプレー缶等の取扱いに注意してください!!

スプレー缶等の取扱いに注意してください!!

スプレー缶等に穴を開けることは危険です!

可燃性ガスが入ったスプレー缶やカセットボンベに穴を開け、周囲の火気によって火災になる事案が発生しています。

スプレー缶とは

整髪料や殺虫剤、消臭剤、ヘアスプレーなどでガスの圧力によって内容物を霧状・泡状に噴射させる缶製品のことです。

カセットボンベとは

卓上のカセットこんろなどで使用する使いきりタイプの小型ガスボンベのことです。

スプレー缶等は必ず中身を使い切りましょう!

スプレー缶等のガスが残った状態では、ごみ収集車やごみ処理施設で火災や爆発が発生する可能性があるため、中身を全て使い切りましょう。

正しいごみへの出し方

一般社団法人日本エアゾール協会のリーフレットを参考にしてください。

リーフレット1.jpgリーフレット2.jpg

エアゾール協会リーフレット (PDF:2039.4KB)

このページに関するお問い合わせ先

部署名:消防本部 予防課
電話番号:048-460-0121