コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > いざというとき> 火災予防 > 飛沫防止用シート・消毒用アルコールの火災予防

飛沫防止用シート・消毒用アルコールの火災予防

 新型コロナウイルス感染症対策として、飛沫防止用シートや消毒用アルコールを使用する機会が増えています。火災が発生した事例も報告されていますので、使用の際は十分注意してください。

飛沫防止用シート(ビニールシート)は、調理場など火気を使用する場所に設置しない。

無題.png

 飛沫防止用シートは、素材や設置方法によって、火災の原因はもとより、火災被害を拡大させるおそれがあります。以下のことに十分注意してください。

1 火気や照明器具の近くには設置しない。

2 自動火災報知設備の感知器の未警戒部分が生じないようにする。
  また、感知障害とならないように設置する。

3 スプリンクラー設備のヘッドから幅30㎝、高さ45㎝の範囲外に設置する。
  (散水障害とならないようにする。)

4 避難障害とならないようにする。 

 

消毒用アルコールは、火気の近くで使用しない。

お店.png

   

手指に消毒用アルコールを使用した直後は、ライターなどの火気にも十分注意してください。

te.jpg

    

 消毒用アルコールは、引火性があります。また、発生する蒸気は低いところに溜まりやすいため、以下のことに注意し、取り扱うようにしてください。

1 火気の近くで使用しない。

2 アルコール容器の設置や保管は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を避け、容器
 を落下させたり、衝撃を与えないよう気をつける。

3 容器に詰め替える際は、あふれ又は飛散しないよう注意し、容器に「消毒用アルコール
 」、「火気厳禁」など注意事項を明記する。

4 可燃性蒸気が滞留しないよう、室内の消毒や容器詰替などは、風通しをよくして行う。

 

消毒用アルコールの安全な取扱い等について、詳しくはこちらをご覧ください。https://www.kennanseibu119.jp/firedepartment/emergency/cat8/post_54.html

リーフレット

  こちらのリーフレットも是非ご活用ください。

コロナチラシ.png

正しく使って火災予防!.pdf (PDF:1674.0KB)

このページに関するお問い合わせ先

部署名:消防本部 予防課
電話番号:048-460-0121