コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 埼玉県南西部消防本部
  • Foreign language

ホーム > 資格・講習会> 予防関係 > 危険物取扱者試験

危険物取扱者試験

危険物取扱者とは、一定量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリーなどの施設で危険物を取り扱うために必要な資格です。

甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物を取り扱い、保安の監督を行えます。

また、甲種又は乙種危険物取扱者が立ち会えば、危険物取扱者免状を有していない人も、危険物を取り扱うことができます。
丙種危険物取扱者は特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油等)について、取り扱うことができます。

お知らせ

  1. 電子申請による試験受付(インターネットによる受験申請)ができるようになりました。
    くわしくは、消防試験研究センターホームページをご覧ください。
    HPアドレス
    http://www.shoubo-shiken.or.jp(外部サイトにリンクします。)
  2. 乙種4類の試験は平成22年度から「午前の部」と「午後の部」の2部制となりました。
  3. 提出していただく写真が(試験、書換えともに)
    パスポートサイズ(縦4.5cm横3.5cm)に拡大されます。

危険物取扱者試験日程の詳細は以下のリンクを参照してください。
HPアドレス
http://www.shoubo-shiken.or.jp/branch/11saitama/schedule_k.html(外部サイトにリンクします。)

注記

  • 受付願書は(一財)消防試験研究センター埼玉県支部まで郵送又は直接持参してください。
  • 消防署では受付できませんのでご注意ください。
  • 日程・試験会場等は予定であり変更する場合があります。必ず、インターネット等でご確認をお願いします。

あなたの大切な免状も、10年経っていませんか?

危険物取扱者免状と消防設備士免状に貼付される写真は、10年以内に撮影されたものでなければなりません。

したがって、現在お使いの免状が交付されてから10年が経過する前に、免状の書換え(新しい写真に貼り替える)手続きが必要になります。

書換え期限の過ぎた免状をお持ちの方は、至急手続きを行ってください。

その他、免状書換えの手続きについては、次のとおりです。

手続き対象

  1. 写真の書換え
    免状交付の日から10年以内毎
    手数料:1,600円
    申請窓口
    • 住居地、勤務地あるいは免状の交付を受けた道府県の消防試験研究センター支部
    • 東京都の場合は最寄の消防署
  2. その他の書換え
    免状の記載事項(本籍・氏名等)に変更(注記1)があった方
    手数料:700円
    申請窓口
    • 住居地、勤務地あるいは免状の交付を受けた道府県の消防試験研究センター支部
    • 東京都の場合は最寄の消防署
  3. 再交付
    免状を亡失・汚損・破損等された方
    手数料:1,900円(平成30年5月1日から全国的に手数料が改定となりました。)
    申請窓口
    • 免状を交付又は書換えた道府県の消防試験研究センター支部
    • 東京都の場合は最寄の消防署

注記1:次の場合は、書換えの必要はありません。

  • 同一都道府県内の本籍の変更
  • 現住所の変更

問合せ先

(一財)消防試験研究センター埼玉県支部(外部サイトにリンクします。)
郵便番号:330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-13-8 ほまれ会館2階
電話番号:048-832-0747

このページに関するお問い合わせ先

部署名:消防本部 予防課
電話番号:048-460-0121