コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
朝霞地区一部事務組合 組合市(朝霞市・志木市・和光市・新座市)
  • Foreign language

ホーム > し尿処理場> し尿処理のしくみ

し尿処理のしくみ

受入設備

 収集車で搬入されたし尿及び浄化槽汚泥(以下「し尿等」という。)は、トラックスケールで計量後、受入槽に投入します。
 し尿等に含まれる砂利類(小石、粗大な砂をいう。以下同じ。)は、受入槽の沈砂槽部分にて沈降分離後、沈砂除去装置で砂利類を除去しています。砂利類は、洗浄後、場外の一般廃棄物処理施設に運搬し、処分しています。

前処理設備

 受入槽に投入されたし尿等は、破砕機にて破砕後、前処理機械(ドラムスクリーン)に送り、夾雑物(紙、ビニール、布類をいう。以下同じ。)を除去しています。夾雑物は、スクリュープレスで脱水後、し渣として場外の焼却処理施設に運搬し、焼却しています。 

貯留設備

 夾雑物を除去後のし尿等は、貯留槽に一旦貯留し、攪拌ポンプでし尿等の濃度を均一化しています。

希釈放流設備

 貯留槽に貯留されたし尿等は、下水道排除基準値に適合する水質にするため、希釈調整装置により井戸水で希釈し、公共下水道へ放流しています。

 脱臭設備

 し尿等から発生する臭気は、主に受入設備、前処理設備、貯留設備から発生する高濃度臭気と施設各室等から発生する低濃度臭気に分けて脱臭ファンにより捕集します。
 高濃度臭気は、生物脱臭塔で微生物の働きを利用して臭気を低減し、活性炭吸着塔に送ります。
 低濃度臭気と生物脱臭塔で処理した高濃度臭気は、活性炭吸着塔で活性炭に通して最終処理し、大気放出しています。

し尿処理場フローシート

画像をクリックすると拡大表示できます。

new flow homepage.jpg

このページに関するお問い合わせ先

部署名:し尿処理場
電話番号:048-467-9921